太陽光発電についての情報をとことん!お教えします。

太陽光発電の電池の種類を知って有効自家発電

admin 太陽光発電の蓄電池

太陽光発電に欠かせないのが太陽電池パネルです。
このパネルのことを太陽電池モジュールともいいます。
これは太陽電池を取り扱う最小の単位で約10cm四方の広さでできています。
これを太陽電池セルといいます。
nullセルは太陽電池の基本単位でこのセルが光起電力効果により太陽の光を電気エネルギーに変換するのです。
一つ一つのセルは小さいので枚数をまとめて容量を確保する必要があります。
太陽電池モジュールはデリケートなのでセルを直列に接続して周りを充填材で守って受光面をガラスなどでおおった構造になっています。
こうすることであられやひょうなどの衝撃や水気からセルを保護するのです。
モジュールが発生する電圧は直列に接続したセルの数に比例します。
電流はセルの面積に比例します。
実際にモジュールを使用する場合には一枚のモジュールでは少なすぎるために複数枚を直列に接続します。
これをストリングと呼びます。
このストリングが並列に並べたものをアレイと呼びます。
屋根の向きや形によって十分な発電量が得られない時にはこのアレイを複数設置するなどして発電量を十分得ることができます。
太陽電池にはいくつかの種類があり、シリコン系、化合物系、有機系に分けることができます。
太陽電池で大事なことは変換効率です。
この変換効率とは照射された太陽光エネルギーのうちに何%を電力に変換できるかを表したものでこの変換効率の良い太陽電池を取り付けることが無駄のない太陽光発電につながっていくのです。

Powered by WordPress and HQ Premium Themes.