太陽光発電についての情報をとことん!お教えします。

雪の降る寒い地域にも太陽光発電を

admin 雪国で太陽光発電

北海道、旭川市。
とても寒いことで有名な街です。
今でも明治時代にマイナス41度を記録したとあるのです。
最近は、そこまで寒くありませんが、この12月に入り、すでにマイナス15度を記録しています。
しかし、この寒いことは逆に天気が良いと言うことなのです。
それは、空に雲がないと言う理由です。null
雲があると布団の役目をするので、暖かい空気が逃げないのです。
ですが天気が良く、雲がないことで、気温がどんどん下がるのです。
そこでお勧めなのが、太陽光発電なのです。
夏は、30度越えが当たり前な旭川市。
つまり、夏も冬もこの太陽光発電に適している街でもある証明なのです。
後は雪、降雪の心配です。
そこでパネルに雪が溜まらないように工夫するのです。
降った雪は、屋根に勾配をつけることで、問題の解消になるのでした。
屋根に勾配をつけることで、降った雪もどんどん下に落ちるようになるのです。
屋根に雪さえなければ、十分な日照時間もとることが出来、安定した充電も可能になるのでした。
そんなことから、最近の市内ではこの太陽光発電のパネルが見られることも多くなっているのです。
また農家の方々では、物置の屋根などを利用することで広範囲にわたって、太陽光発電をされている家庭も見られるようになって来ました。
またこれら農家の方々では、家と家の間隔が離れているので、取り付け場所の心配も要らないのです。
そして動物の世話にも暖がいる旭川市です。
これからもどんどんこの太陽光発電の家が増えると思います。

Powered by WordPress and HQ Premium Themes.